女大関若緑

a0279122_22344499.jpg

1917年(大正6) 山形県宮内町(現南陽市)
            に生まれる。

1934年(昭和9) 17歳のとき家出 
            石山女相撲興行に入門
            女大関若緑として一世を
            風靡
 
1941年(昭和16) 24歳で引退 
             四国松山へ






a0279122_22363953.jpg
化粧回し姿
人気絶頂の若緑はブロマイドの
売れ行きもナンバーワン
だったという。
















a0279122_22503948.jpg
石山女相撲
総女力士プロマイド
(矢印が若緑)
























a0279122_22574738.jpg
昭和11年
満州慰問興行
土俵上の勝力士が若緑






















a0279122_7291155.jpg
力芸一番の呼び物
「腹の上の餅つき」
「腹受け」ともいわれ、
一番下の女力士は
我慢しきれず意識を
失い息を引き取った
者もいたという。


















a0279122_7364796.jpg
力芸「歯力」
十六貫目の米俵を
歯でくわえて
持ち上げる。
虫歯のある人は
絶対にできない。
歯の丈夫な人でも
俵をくわえそこなうと
歯を欠く。
前歯をいうっぺんに
全部とれてしまった
者もいた。

















a0279122_7553337.jpg
力芸「五人持ち」
一人の力士が
五人の力士を担ぐ。

























a0279122_812488.jpg
石山女相撲
戦後のビラ
























a0279122_844117.jpg

明治22年に、女相撲発祥の地、山形・天童市の清池八幡神社に
石山兵四郎ら三名が奉納した絵馬。
豊かな乳房を露に描かれているが、翌明治23年に両国・回向院で
行われた興行記録には、肉襦袢・半股引き着用とある。
[PR]
by sumoujinku | 2012-09-08 14:18 | 女大関若緑


オンリーワンの夢づくり


by sumoujinku

プロフィールを見る
画像一覧